前へ
次へ

インフルエンザの予防接種

インフルエンザが流行をすると予想される時期の少し前にワクチンを接種して、感染をしても症状が軽く済むように対策を取る、ということが推奨されています。
しかしインフルエンザには様々なタイプがあり、流行をするタイプを予測することは困難です。
もしもA型の予防接種をしていて、その年に流行をするのがB型だということが分かった場合には、A型の予防接種を打ってもあまり意味がない、ということになってしまいます。
また大流行をする年にはワクチンが不足をしてしまい、予防接種を受けたくても受けることができない、という人が増加をしてしまいます。
医療従事者や子どもなど優先的に摂取を推奨されている人たちもいますが、その他の人たちは受けたくても受けることができず、感染をした場合には症状が重くなってしまうことも予想されます。
予防接種を受けたからと言って感染しないわけでもないので、安心をすることはできません。
余裕を持って予防接種を受けておくのもよいでしょう。

Page Top