前へ
次へ

インフルエンザにかかってしまったら

受験生の時にあまりに無理をしすぎてセンター試験前にインフルエンザにかかってしまいました。
高熱とひどい咳に襲われ、全身に力が入らないので勉強どころではありません。
発症後一週間は他人にウィルスをうつす可能性が高いと医者にも言われましたので、その年のセンター試験はあきらめ、浪人して再度試験に臨みました。
インフルエンザはそれまでの生活を一変させてしまうくらい強力なウィルスであり、ただの風邪と違って不特定多数の人に感染させてしまう危険もはらんでいます。
自分がかかった場合は保菌者であるとの自覚を忘れず、熱が下がったからといって無意味に出歩いたりしないように気を付けましょう。
また、12月などインフルエンザのウィルスが増える時期には人ごみには近づかないようにして帰宅したらすぐに手を洗い、うがいをしてウィルスをつけたままにしておかないように気を付けるべきです。
このウィルスは人からもらってもまったくうれしくないですし、自分でうつしてしまっても悪いですから、早めに対処することが大切です。

Page Top