前へ
次へ

インフルエンザ対策の方法を教えます

インフルエンザは毎年冬になると流行しますが、そして罹ってしまっても多くの方は1週間程度で回復をします。
しかし、高齢者になると肺炎や脳症などに重症化することもありますので油断はできません。
インフルエンザを予防するためには、流行する前に病院でワクチンを接種するのがもっとも安心できます。
完全に予防することは難しいですが、一定の効果があります。
罹るリスクを大幅に減らしたり、重症化を防ぐことができます。
それによって回復も早くなります。
また手洗いもしっかりとすることもインフルエンザを予防するには有効です。
日常生活において人は色々な物に手を触れることがあります。
そして、その触れたものにインフルエンザウイルスが付着している可能性も考えられます。
もしウイルスが付着していたら、それに触れることでウイルスが手に付着してしまいます。
そのため手を洗わずにそのまま食べ物食べると体内にウイルスが入って感染します。
ですから、毎日手を洗うことが大切です。
その際には石鹼を用いてよく手を洗うようにします。
ウイルスは石鹼に弱いからです。

Page Top